jp
Email bd@octoplusmedia.com
Contact Us

China Marketing Insights Monthly Newsletter [December 2020]

ニュースレターのご拝見の皆様

今月のインサイトレポートでは、BaiduプラットフォームにおけるB2Bプロモーションを掲載しています。B2B業界がどのようにBaiduの広告ツールを活用しているか、関連事例を紹介しています。

また、中国政府によって実施されているデータ規制を紹介しています。個人情報の保護に無頓着だと思われがちですが、デジタルユーザーが増えるにつれ、プライバシーの保護にも声が上がっています。また、越境ECにおける新しい政府ガイダンスと改めてのマーケティング概況を掲載しています。メディアアップデートでは、TencentがWeChatをはじめとするプライベートトラフィックを管理・計測するツールをリリースしました。

今月のアプリでは、急速に発展している鉄道アプリ「12306」を紹介しています。中国での鉄道は、日本のいわゆる新幹線で、近年急速な発展を遂げ、それにつれてモバイルアプリのユーザー数・影響力も急激に伸びています。新しいメディアとして、活用の可能性があるアプリになっています。

今年も早いもので、2020年が終わろうとしています。年初に世界を席巻したコロナウイルスにより、人々のライフスタイルは変わり、産業の形は変わり、歴史に刻まれる一年でした。

特に、中国とのクロスボーダービジネスは、インバウンド中心から越境ECにシフトせざるを得ず、大きな影響を受けた分野の一つでした。コロナウイルスの世界での動向は予断を許しませんが、難しい状況の中でも、来年はさらに良い一年になると信じ、出来得る限りのことができればと思っております。

皆様、良いお年をお迎えください。

Sincerely,

Mia C. Chen

CEO & Co-Founder of OctoPlus Media

OctoPlus Media 2020 Year In Review

2020年は挑戦的な一年だったと言っても過言でもないでしょう。私たちの訪日観光客のマーケティング業務は、今年の初めに少し打撃を受けましたが、幸いなことに、私たちはすぐに立ち直り、主要なクライアントやパートナーと一緒に良い戦いをしました。

いくつかの重要なマーケティングインサイトとソリューション:

ライブコマースサービス

○ 2020年の初めから、過去2年間で積み重ねた淘宝網ライブコマースの経験を活用して、WeChatクロスボーダーチーム、Douyinクロスボーダーチームと協力しながら、クロスボーダーライブコマースのいくつかの画期的なケーススタディを成功させました。例えば:

OctoPlusライブコマースインキュベーター:当社自身のブランドライブストリーミングスタジオが深センにあります。高品質のKOLのアサインから、クリエーティブなブランドコンテンツ企画、専用のライブスタジオ、高品質の撮影設備と制作チーム、優れたライブコマースアシスタントとサービスを提供して、ライブコマースの費用対効果を向上させるワンストップのソリューションを提供します。ライブコマース活動により、ブランドのプロモーションを加速します。 こちらの成功事例「OctoPlusインキュベーターを備えたMeadjohnsonライブコマースシリーズ」を見ていきましょう。

○ 政府および大規模なオフラインからオンラインフォーラムへのライブストリーミング。 SmartHK の 事例をご参照ください。

○ ウェビナーライブストリームの成功事例。当社が企画及び実施した、10人以上の HKTDC Webinars を活用した事例をご参照ください。 香港科技大学のオンラインウェビナー

China Data Bank

China Data Bank™ はUnDMPです – すべての広告主に適切なデータソリューションを提供することに焦点を当てた新しいクラスのデータソリューションであり、中国政府によって規定された複雑なデータ要件のオーバーヘッドはありません。

○ China Data DSP & Trading Desk – 中国のすべてのプログラマティックオプション向けのフラッグシップソリューションです。当社独自のDSPは主要な取引所に接続し、当社のソリューションは30社以上のプライベート課金可能なプラットフォームにアクセスできます。

China WeSales

○ ChinaWeSales は、事前販売や設定なしで中国に参入しようとしている海外ブランド向けのエンドツーエンドのeコマースソリューションです。

○ CDF (China Duty-Free) LDF (Lotte Duty-Free) は海外ブランドと連携し、中国と韓国最大の免税店との一連のマーケティングキャンペーンやライブコマースを当社のサービスで実施しています。これにより、旅行小売ブランドは以前のオフラインをオンラインのeコマースキャンペーンに変えることができます。中国、または韓国の免税店にいるかどうかに関係なく、中国の消費者に直接製品を販売するための複数のソリューションがあります。

○ CDFおよびLDFの越境WeChatミニプログラムの構築と運営は、ワンストップの越境ソリューションスペシャリストであるビッグスリーアライアンス(OctoPlus Media、Ymatou傘下のTrello、Hipopay)によって提供されています。これらのミニプログラムは、成熟した越境eコマースソリューションシステム「WeSales」(WeChat MiniプログラムSaaS)により構築されました。このシステムは、中国への販売を希望する中規模および大規模企業向けに特別に設計されています。

中国プライベートトラフィック

中国プライベートトラフィック は、顧客とのコミュニケーションがプライベートプールに注ぎ込まれ、ブランドがサードパーティのプラットフォームにコストをかけずに完全に制御できるマーケティング手法です。

2021年には、何が待ち受けていますか?

こんなに短い期間での成果をとても誇りに思います。当社最先端のソリューション、完全な透明性、および検証済みのサードパーティサービスを使用することを提供するというコミットメントにより、これは他に負けない独自の価値提案になると思っております。

2021年に入ると、私たちはさらなる革新の準備ができています。

  • 私たちは、ブランドの販売促進を支援するためにライブコマーステクノロジーをより有効に活用することに専念していきます。
  • Douyinのショート動画は、2021年も引き続き大ヒットするでしょう。ショート動画の爆発に備えて、当社はよりクリエイティブな才能を持つ人材を採用しました。
  • OctoPlusはDouyinの「BigHeath」MCNに参加します。 私たちは、複数の病院や医療機関と連携して、専門医者がDouyin KOLになるように訓練します。これは2021年には非常に大きくて驚くべきイニシアチブになるでしょう。
  • Stay hungry, stay foolish. 2021年にはまだまだたくさんチャレンジがあります!

皆さまに、OctoPlus、社員一同より新年のお祝いを申し上げます。

Baidu B2Bレポート

Baiduは、中国の主要なインターネット検索エンジン会社であり、2000年1月1日に北京で設立されました。Baiduは、中国の3大インターネット大手(BAT)の1つです。2020年12月の時点で、BaiduはAlexaランキングで世界で4位、中国で2位にランクされており、検索エンジンの市場シェアは世界で2番目に大きいです。

Baidu SEM – キーワード検索

Baiduのキーワード検索サービスは、中国のネットユーザーの95%をカバーしており、中国最大の検索エンジンです。

BaiduSEMの特徴は次のとおりです:

  • PCとモバイルでのディスプレイのサポート
  • 検索結果は最初のページに表示され、潜在ユーザーにすばやくリーチできる
  • 複数の広告形式をサポート – テキスト、画像、画像グループ、リスト、動画、資料ダウンロードフォーマット
  • 広告枠 – 検索1ページ目に「広告」でマークされる、もしくは検索結果の下部に表示されるなど
  • 支払い体制 – キーワードのパフォーマンスによって広告料金を支払う
  • 課金方式 – CPC (Cost Per Click)
Baidu検索広告

検索キーワードと組み込みのAIマッチングシステムを通して、広告主とユーザーを結び付けます。

Baiduブランドゾーン

BaiduブランドゾーンはBaidu検索結果の上部にあり、つまり、最初の画面表示位置にテキスト、画像、動画などの様々な広告形式で企業ブランド情報を包括的に宣伝および表示します。これにより、ユーザーはブランドの公式Webサイトをよりよく理解し、必要な企業情報を入手できます。これは、企業のブランドアイデンティティの効率を高める革新的なブランドプロモーションモデルです。

  • 様々な広告表示バージョン – ノーマル、高級版とカスタマイズ
  • 広告は、PCとモバイルの検索結果1ページ目上部の画面に表示されます。
  • 課金方式 – CPT (Cost per time、最低出稿期間が1ヶ月)

Baiduブランドゾーンの強み

  • 検索結果1ページ目の広告プレスメント
  • 全体的なブランドイメージと消費者の信頼を強化する
  • ブランドが消費者とコミュニケーションするための重要なチャネル
  • より良いブランディング
  • 様々な製品カタログの対応する情報を通じて、ブランドユーザーとのより良いコミュニケーションを作る
Baiduインフィード広告

Baiduインフィード広告は、Baiduアプリ、Baidu掲示板、Haokan動画アプリなどの情報トラフィックが散在するタイプの広告です。ユーザーのネットワーク全体をカバーする、高品質のコンテンツとメディアリソースが大量にあります。Baiduのインフィード広告は、何億ものトラフィックを運び、製品を継続的に最適化し、プロモーション効果を全面的に改善します。

その強み:

  • ユーザーへの干渉が少ない
  • AIを活用したアルゴリズム
  • 多次元方向の情報ロック
  • 課金とクリエイティブの二重保証
Baidu B2B業界の需要分析

B2B業界内のオンライン需要は、昨年の同時期と比較して2020年に上回りました。

オンライン需要は2019年は概ね安定しており、2020年の春節以降は大幅に増加しました。2020年4月から5月の間に、昨年の同時期と比較して、それぞれ8%と10%の増加でした。

B2B業界の需要はモバイル端末に約70%集中しており、週末に集中しているのに対し、PC端末での需要は平日に高くなっています。

市場機会分析
  • 全体的な機会:
  1. B2B業界のオンライン需要は着実に増加しており、指数関数的な成長の機会を提供しています。
  2. B2B業界の需要は主にモバイルデバイスにあるため、さらなる開発が優先されます。
  3. PCトラフィックの需要は、モバイルデバイスと比較して主に平日にピークに達します。この情報を理解することは、消費者とのコミュニケーションにとって非常に重要です。
  • カテゴリーの機会
  1. B2B業界トップ10のカテゴリー:機械、建材および住宅改装、暖房設備および電気、電子機器、冶金鋼、化学エネルギー、セキュリティ照明、ハードウェアツール、自動流通、食品および農業。

  • 地域の機会

  1. B2B需要のブームは中国東部が半分を占め、広東省が中国南部のトップとなっています。
  2. 異なる産業は特定地域ごとに需要が違うことを反映していますが、地域の機会を深く探求することも重要です。

中国アプリのルール

モバイルアプリケーションは、近年広く使用されており、社会で重要な役割を果たしています。ただし、アプリが必要なパラメーター以上のユーザーの個人データを収集することは一般的な現象となっています。ユーザーの同意が得られない場合、アプリのインストールと使用は許可されません。現在、中国のネットユーザーの総人口は9億4000万人に達し、個人情報の保護がユーザーの最大の関心事になっています。アプリの個人情報収集行動を規制するために、世論に求められる形で、中国サイバースペース管理局(CAC)は、地図ナビゲーション、オンラインカーヘイリング、インスタントメッセージングなどの38の一般的なタイプのアプリの収集を許可することを提案しました。ライブストリーミングやショート動画などのアプリも、プライバシー範囲の個人情報を除く基本的な機能と必要な個人情報しか取得できません。 例えば:

  1. マップナビゲーション:
  • 基本的な機能サービス:位置情報とナビゲーション
  • 必要な個人情報:位置情報
  1. ブラウザカテゴリー:
  • 基本的な機能サービス:Web閲覧履歴
  • 必要な個人情報:基本的な機能サービスは個人情報なしで利用できる
  1. ビューティーカメラカテゴリー:
  • 基本的な機能サービス:写真撮り、写真加工、フィルター使用など.
  • 必要な個人情報:基本的な機能サービスは個人情報なしで利用できる

Full list(詳細リスト)

この措置は個人情報を保護しますが、データの重要性も示しています。ブランド所有者がメディアプラットフォームの基本データのみを使用してユーザーグループを正確にターゲティングすることは今後より困難となります。

中国高速鉄道アプリ12306

12306は、中国鉄道がリリースしたモバイルデバイス用のチケット購入アプリで、中国鉄道のウェブサイトと連動してユーザー情報と予約情報をアーカイブしています。

12306は、鉄道情報とチケット購入サービスを提供するだけでなく、様々な新しいメディアチャネルも提供します。中国鉄道の年間旅客数は35億人を超えています。現在、12306の登録ユーザーは5億人と推定されており、そのトラフィック量は毎月40万人以上増加しています。

このアプリは、ニュースリリース、公共サービス、その他の機能を提供するだけでなく、コミュニケーションツール、コンテンツプロバイダー、オーディエンスグループのセグメンテーションなどの他のメディア機能もあります。最もユニークな広告手法の1つは「TripSMS」です。これは、予約が確認された乗客にアプリを介して送信される旅行リマインダーサービス(予約確認情報を含む)です。このアプリは、各ブランドにマーケティングの新しい機会を提供していきます。

「TripSMS」

「TripSMS」は、画像、テキスト、動画、リンクを含むMMSの形式でプッシュされます。ディスプレイ広告のコンテンツを充実させ、オーディエンスターゲティング機能を提供しています。現在、利用可能な広告オプションは、出発駅、到着駅、性別、年齢層、座席割り当て、ルート番号、配達日の7つです。

現在、中国の高速鉄道には5億人の登録ユーザーがいます。
  • 高速鉄道のカバレッジ 35,000 km以上
  • 年間旅客数 – 鉄道:3.5億人の利用者; 高速鉄道(新幹線):2.5億人の利用者
  • オンラインチケット販売数 –鉄道チケット総販売数の88.7%
  • 平均毎日のチケット販売数 –1,500万枚
  • 年間チケット販売数 – 31億枚以上

12306の「TripSMS」機能には、毎年3億5000万を超える乗客のトラフィックとチケット購入データがあり、淘宝網とWeChatに次ぐ中国で3番目に価値のあるトラフィックポータルとなっています。そのデータは中国政府によって主導されているため、高い信頼性、高いコンバージョン率、高いROIを提供できます。

中国における新しい越境電子商取引規制

中国は最近、関連の越境電子商取引システムに関する通知をリリースし、越境電子商取引事業者の行動を規制し、情報保護とデータセキュリティ管理システムを確立することを要求しました。ビッグデータ、クラウドコンピューティング、AIなどの新しいテクノロジーの開発と適用に関する規範的なガイダンスを強化します。

 

越境eコマースの管理システムはまだ改善する必要があります

近年、越境eコマースは急速な成長を維持しています。中国政府は、関連事業の発展を非常に重視し、積極的に支援しています。しかし、越境eコマース業界発展とともに、管理システム、法律制度、返品交換システムは依然として改善を続ける必要があります。

  • 法律制度 – 中国の越境電子商取引の分野には特定の法律や規制はなく、越境電子商取引の法的定義と責任の区分けは明確ではありません。多くのブランドは、ポリシーや規制のリスクを恐れており、多額の投資を敢えてしていません。
  • 管理システム – 輸出税還付へのアクセス、企業内の製品の品質保証と安全性、ID情報の共有、外国為替の受領と支払いの管理、およびその他の輸出入規制に関連するもの。
  • 商品交換及び返品システム – 越境電子商取引の輸出商品の返還に関する監督制度は2020年に実施されましたが、越境電子商取引の輸出の分野にはまだ改善の余地があります。商品の返品と交換の難しさは、返品システムの実装における越境eコマースプラットフォームの難しさを直接反映しています。

近年、中国の越境eコマースは急速に発展しています。2019年、中国の越境eコマースの市場規模は10億5000万元に達し、2018年の9億元に比べて、16.66%増加しました。輸出入の全体構造に関しては、2019年の越境eコマースの輸出が76.5%を占め、輸入が23.5%を占めています。

越境eコマースでは、資本、テクノロジー、およびサービスに対する要件がますます高くなり、業界の発展と運用の難しさが大幅に高まっています。中国が実施したばかりの新しい規則と相まって、ブランド所有者にとってはさらに困難になりますでしょう。Octoplus では顧客向けに特別にカスタマイズされたCWSサービスを用意しました。CWS(ChinaWeSales)は、事前の販売や設定なしで中国に進出しようとしている越境eコマースブランド向けの最善なエンドツーエンドのeコマースソリューションです。

Tencentは最新バージョンのプライベートトラフィックツールをリリースした

現在のプライベートトラフィックオペレーションのほとんどはTencent系の製品(特にWeChat)に基づいていますが、ソーシャルネットワークのプライバシーのため、部外者が関連データを取得することは困難です。したがって、企業は正確にプライベートトラフィックのデータを分析できず、ユーザープロファイルの作成とコンバージョン効果の追跡も実現できません。

Tencentがリリースしたプライベートトラフィック運営ツール「TencentYoushu」は、この問題を大きく解決しました。このツールを使用すると、WeChat公式アカウント、ミニプログラム、コミュニティ、企業WeChatなどの個人データを取得して、ユーザーの閲覧、クリック、カート入れから購入完了まで、WeChatエコシステム内のユーザーの消費行動と閉ループの過程を分析できます。さらに、ユーザーの消費行動とそのライフサイクルを理解します。

「TencentYoushu」の3つのコア機能 – タッチポイントの全面分析、マーケティング効果の追跡、およびユーザー資産の管理。

 
  1. タッチポイントの全面分析 – トラフィックの特定の送信元と宛先を追跡し、各タッチポイントの運用状況とコンバージョン率を確認し、WeChat公式チャネルやカスタムチャネルなどのデータ追跡を含む、様々な長期追跡を統合しています。その中、「公式アカウント分析」は、WeChat公式アカウントのフォロワー運営とコンバージョン効果を正確に分析できます。「ライブ分析」では、リアルタイムのデータ分析やライブストリーミングレビューなど、運用データとライブ配信データを表示できます。

2.マーケティング効果の追跡 – 主にマルチレベルのROIアトリビューションモデルを通じて、マーケティングの運営効果を測定し、即時、短期、長期、ソーシャル分裂などの様々な角度からマーケティング効果を追跡できます。

3.ユーザー資産の管理 – ユーザーグループの属性、行為、タッチポイントタグを取得して、ユーザープロファイルを作り、ユーザーのライフサイクルを管理します。

プライベートトラフィック:企業自身が自主運用できる、無料で繰り返し自由に使用できる、いつでも取得できるトラフィックリソースを指します。一つのトラフィックは一人のユーザーであり、主にWeChat公式アカウント、WeChatグループ、WeChat個人アカウント、Weibo、小紅書、Toutiao、Douyin、Kuaishouなどのソーシャルプラットフォームのトラフィックです。

Learn more about Private traffic.

2020年のメディアの振り返りと未来への展望

2020年を振り返ると、コロナ禍の影響を受けて、消費者市場は大きな変化が起きました。オンラインエンターテインメント、オンラインソーシャルネットワーキング、新しいソーシャルメディアプラットフォーム、新しいライブストリーミング製品、その他の細分化やアプリケーションシナリオも変化しており、革新的なデジタルマーケティングチャネルも急速に発展しています。

  • トレンド 1 – eコマースライブストリーミングの爆発的増加

eコマース、オンラインとオフラインの統合、インフルエンサー経済、ショート動画/ライブコマースなど、様々なカテゴリの発展は、2020年のデジタルマーケティングの主要なホットスポットとなります。Tmallの公開テータによりますと、2020年ダブル11期間中、約3億人のユーザーがライブストリーミングを視聴しました。淘宝網ライブストリーミングのGMVは前年比100%以上増加し、ライブストリーミングに参加している店舗の数は過去12か月で220%以上増加しました。

関連調査レポートによりますと、ユーザーをライブストリーミングの視聴に引き付ける主な理由は、製品です。費用対効果、製品のオールラウンドな表示、インフルエンサーの見た目/魅力、および販売スキルにも一定の影響があります。

海外ブランドとして、越境eコマースのライブストリーミングに加え、旅行先のライブコンテンツもユーザーに歓迎されています。たとえば、航空会社や目的地などの旅行関連企業も、「前売券販売」の推進を通じてライブストリーミングを行っています。

  • トレンド2 – スーパーアプリの発展動向:エコシステムを統合し、プライベートトラフィックを重視してユーザーの体験感を強化する

QuestMobileモバイルデータによりますと、Tencent、Toutiao、Alibaba、Baiduの4つのプラットフォームの合計使用率は70%を超えています。彼らはデータとアルゴリズムを使用して、2020年にエコシステムにリソースを統合しています。たとえば、Toutiaoは検索ポータルに焦点を当て、検索とインテリジェントな配信の組み合わせを通じてユーザーの好みに近づきます。ライブストリーミングは、淘宝網プラットフォームのコンテンツエコロジーを豊かにし、商品販売促進の新しいホットスポットになりました。統合された動画プラットフォーム(Tencent、iQiyi、Youkuなど)は、長い動画をショート動画ストリームに変換し、ユーザーの好みに応じて推奨します。WeChatは、ミニプログラム、コンテンツクリエーター、その他のアプリケーションエコロジーを利用して、プライベートトラフィックの運用を最適化します。

  • トレンド 3 – ソーシャルマーケティング:ショート動画は新しく定着したソーシャルメディアの表現手法となり、良いコンテンツがあるこそ、ブランドのソーシャル化が成功できる

ソーシャルマーケティングでは、ショート動画とライブストリーミングが増え続けており、KOLプロモーションは依然としてマーケティングの重点です。その中でも、ショート動画は短く正確にコンテンツを表現する特徴があり、その核心は創造性にあります。ブランドにとっては、ブランドコンテンツの構築を計画するだけでなく、メディア環境の適応性、創造性のシンプルさ、ブランド表現の独創性も考慮する必要があります。ブランドは、若者のニーズに最適な自社製品の要点を見つけ、ショート動画をブランドの新しいソーシャル言語に変えることができます。

  • トレンド 4 – OTT市場の拡大:デジタルテレビの潜在力

関連の分析レポートによりますと、OTTトラフィックは現在ネットワークトラフィック全体の約20%を占めています。2020年には市場全体が300億元を超えると推定されています。従来のテレビ業界はインターネットによって推進されてきたため、デジタルテレビは単なるスマート端末からホームエンターテインメントのニーズを満たすエコシステムに変わりました。データモニタリングからデジタルテレビシーンの形成やコンテンツマーケティングまで、豊富なコンテンツとメディアサービスを通じて、将来のデジタルマーケティングのホットスポットの1つになるでしょう。

  • トレンド 5 – ビッグデータの時代:デジタルマーケティングの変化、「ユーザーが商品を見つける」時代から「商品がユーザーを見つける」時代になった

ビッグデータの時代では、サードパーティのデータの統合がデジタルマーケティングテクノロジーの焦点になっています。正確な人口データベースとインテリジェントテクノロジーを使用して既存のデータを処理することは、将来的にデジタルマーケティングの焦点となり、インテリジェントマーケティングの意思決定とデジタルマーケティングシステムの確立を促進します。

 

– End of the Newsletter –

A Joint Collaborative Initiative By OctoPlus Media & China Trading Desk

OctoPlus Media Global Limited

Hong Kong | Shen Zhen | Guang Zhou | Singapore

www.octoplusmedia.com 

Feel free to talk to us

Talk to our team.

It’s a team with one single shared goal, which is our client’s success. 

Deliver results for your business now. 

 Email bd@octoplusmedia.com

    Leave a Reply